マノエルエドゥアルドアルベスカマルゴエゴメス
ブラジル1989年フェロー選定

クリティバ南部の都市の最初のオンブズマンであった31歳の弁護士、マノエル・エドゥアルドは、市民グループが政府への参加と政府の管理を強化する方法を学ぶのを支援することを計画しています。

人物

マノエルエドゥアルドは伝統的なクリチバ家の出身で、伝統的で活発なキリスト教教育を受けました。彼の異常なイニシアチブと強い価値観は早い段階で明らかになりました。 12歳で彼は学校新聞を始め、近所の貧民街から貧しい人々の生活に同僚の注意を引きました。マノエルの社会的利益に共感する学校の司祭たちは、マノエルを彼らの命令によって実行されるいくつかの社会的プログラムに関与させました。マノエルと現在彼の妻である女性は、近くの貧民街にコミュニティセンターを設立し、現在も代替学校として機能しています。彼の家族の伝統的なように、マノエルは法律を学び、パラナ大学から学位を取得しました。しかし、彼はほとんどすぐにそれを自分の価値観と気質に合うように適応させました。彼の想像力に富んだ公益活動は、すぐに全国的なペースセッターとして認められたクリチバにオンブズマンの機関を設立することで最高潮に達しました。

新しいアイディア

マノエルエドゥアルドは、市民とその組織がより大きく、より積極的な支配的役割を果たす方法を学ぶのを支援することにより、ブラジルの新民主主義を直接強化したいと考えています。彼らがそうすることを可能にするはずのメカニズムの多くが整っており、さらに多くが新憲法によって追加されました。しかし、ブラジル人がこれらのツールの使用方法を学び、プロセスに慣れるまで、ツールも民主主義も安全ではありません。マノエル・エドゥアルドの計画された組織である参加と民衆管理研究センターは、市民に次のような民主的プロセスについて教えます。司法上訴および立法府に請願し、タイムリーな回答を期待する権利。それは政府の求人を特定し、グループがそれらを利用するのを助けます。このような支援には、たとえば、プロセスで必要となる可能性のある書類を作成する際の技術支援が含まれます。センターはまた、市民の管理のためのこれらの車両の重要性について、政府のさまざまな部門や報道機関を教育するために働きます。最後に、これらのアクセス手段をさらに強化する機会を特定するのに役立ち、それらの採用を促進します。

問題

ブラジルは、何世紀にもわたる歴史の中で、ほんの数期間の民主的政府を経験してきました。その市民は政府から疎外されることに慣れています。彼らは、官僚的、父性的、個人的、そして一度に支配する中央集権国家に慣れていますが、過去10年間で、ブラジルは市民グループ、町内会、および高度に組織化された人気のある運動の開花を見てきました。この並外れた成長は、軍の支配権の放棄に続く政治によって許可され、奨励されてきました。古い権利が返還され、新しい憲法が重要な新しい権利を追加しました。残念ながら、ほとんどの市民は、変化を提唱したり、救済を求めたりするために使用するために設計されたすべてのメカニズムと法律を認識していません。そのようなチャンネルを聞いたとしても、その使い方を知る可能性は非常に低く、そのような法律の約束に多くの信頼を与える可能性はさらに低いです。法的約束と実際の慣行との間のこの大きなギャップが続く限り、ブラジルの民主主義脆弱になります。

戦略

マノエルエドゥアルドは非常に直接的なアプローチの計画を持っています。彼は、民主的な関与は、他のほとんどの人と同じように学ぶことができ、そして学ばなければならない一連のスキルにかかっていると信じています。彼の仕事は、最良の学習機会を見つけ、関係者がそれらの開口部をうまくそして有益に使い始めるのを助けることです。成功は、より多くの成功とエミュレーションにつながります。マノエル・エドゥアルドは、政府のすべての部門で利用可能なアクセスメカニズムを特定し、市民組織の世界を掘り下げて、政府に何が必要か、何を望んでいるかを判断することから始めます。双方を比較することにより、彼は故郷の州の市民グループが利用できるいくつかの初期の機会を特定します。州議会議事堂でのオンブズマンとしての彼の経験を考えると、彼はそれを迅速かつ確実に行うことができる知識ベースを持っています。彼はいくつかの特に良い試合を特定したら、グループが自分のチャンスを見つけるのを助けるだけでなく、トレーニング、資料、支援をフォローアップします。この作業が進行し、国の市民参加に関する主要な専門家と連絡を取ると、彼はセンターを立ち上げるために必要な基盤を築くことができます。彼の作業が始まると、マノエル・エドゥアルドは2つの主要な将来の同盟国にすぐに連絡する予定です。 :(1)「公務省」など、国民に代わって政府の他の部分を管理することを職務とする政府機関、および(2)報道機関。友好的な省庁は、市民グループにとって非常に大きな潜在的資源であり、その逆も同様です。マノエル・エドゥアルドは、彼らが一連の強力で永続的な同盟を形成するのを助けることを望んでいます。マスコミはより明白な同盟国です。 (オンブズマンとして蓄積されたプレスの切り抜きの量は、特定の論争の武器として、また公教育の手段としての重要性を彼が理解したことの十分な証拠です。)彼は彼のセンターとプレスの間の非公式なコミュニケーションチャネルを構築することを計画しています。 。彼は、彼が一緒に働いている市民グループがジャーナリストと一緒に働く方法を学ぶのを手伝います。彼はまた、公共サービスに関する市民の苦情をカバーする新聞のコラムを奨励することを計画しています。仕事が彼の本拠地で定着するにつれて、マノエル・エドゥアルドはそれを全国的に広めるために動きます。センターは拡張され、他の州からの市民組織、学生、参加研究者の代表が追加されます。徐々に全国で新しい市民グループの参加を構築する機会を模索し、必要に応じて、政府をよりオープンで対応力のあるものにするための法律の変更を提案します。マノエルエドゥアルドは、参加と人気のあるコントロールに関する第1回ブラジルシンポジウムによって、センターの進化におけるこの段階を祝うことを計画しています。