エドゥアルド・ヴァッレ・エスピノサ
メキシコ1991年フェロー選定

エドゥアルドは、ジャーナリストをラテンアメリカで最も深刻な職業病から保護するために着手しています。調査活動と報告活動の結果としての暗殺を含む身体的攻撃です。エドゥアルドの考えは、彼らの仕事の結果として攻撃に苦しんでいるジャーナリストに法的保護を提供する人権センターを設立することです。